ダイエットに運動や食事を考えるのはもう古いのです。今や何もしなくてもオーリスタットさえ飲んでいれば痩せることができます。そんな魔法の薬オーリスタットとは何かについて解説していきたいと思います。

薬のスプーン
  • ホーム
  • オーリスタットと子供に与える影響

オーリスタットと子供に与える影響

ラーメンを食べる女性

オーリスタットは、大人向けの肥満治療薬で、脂肪の吸収を妨げる働きが主な機能になります。
製品は、大人の使用を想定しているので、子供の安全性については保証されていません。
つまり、うっかり子供が口にしてしまうと、未知の副作用が発生したり、健康に影響する可能性があります。
オーリスタットの副作用には、お腹が緩んで頻繁に便意が催されたり、おならが連続して止まらなくなる症状が存在します。
また、食欲低下や不快感等も報告されているので、子供の場合も同様の症状が発生する恐れがあります。

幸いなことに、オーリスタットは体内で吸収されても、時間が経てばほぼ100%が排出される結果になります。
オーリスタットの特徴は、子供にも適用されますから、症状が発生しても時間が解決してくれるでしょう。
しかし、大量に誤って服用したり、急激に体調が悪化した場合は、早く医者の診察を受けることが重要です。
早めの発見と対処があれば、オーリスタットの影響は最小限に抑えられたり、将来に問題を残さずに済みます。

一方、親に内緒でオーリスタットを使い続けていれば、発見が遅れたり副作用が強まるリスクに結びつきます。
特に思春期の子供は、大人の真似をしたり体型に悩むことがあるので、家にオーリスタットが保管されていれば、勝手に取り出して使う可能性は十分にあります。
オーリスタットを服用するなら、子供の手の届かない場所に保管したり、使った数を記録しておき、必要以上に減っていないかチェックすることがおすすめで、
小中学生の子供は、育ち盛りで体が栄養を求めているので、不用意に肥満治療薬を使うと、成長に影響する恐れが強まります。
子供の肥満も対処は必要ですが、大人と違い成長時期の真っ最中なので、薬に手を触れさせない保管を心がけることが肝心です。

関連記事