ダイエットに運動や食事を考えるのはもう古いのです。今や何もしなくてもオーリスタットさえ飲んでいれば痩せることができます。そんな魔法の薬オーリスタットとは何かについて解説していきたいと思います。

薬のスプーン
嬉しく食べる女性

オーリスタット配合薬は海外セレブの間で、話題となった肥満治療薬です。
錠剤を服用するのみという手軽さ、そして食事制限を過度に行わなくても痩せられるという、ダイエットのストレスが無いという事で、日本でも最近服用する方が増えつつあります。

通常、ダイエットは高カロリーとなる揚げ物や脂肪分たっぷりのお肉などは、避けるのが基本です。
ですが、オーリスタット配合薬を服用すれば、脂肪分の多い食事をしたとしても太り難くなります。
食事に含まれる脂肪分はリパーゼという酵素によって、細かく分解されて初めて腸内で吸収されます。
オーリスタット配合薬はリパーゼの働きを弱め、脂肪の分解を阻害するのです。
細かく分解されなかった脂肪分は、そのまま腸を通って排泄される仕組みとなっています。
平均して食事に含まれる約30%分の脂肪分が、吸収されず排泄されるようです。
これだけ多くの脂肪分が体に吸収されないので、脂肪分の多い食事をしたとしても太り難くなります。
ダイエットといえば食べたい物も食べられないという、辛い食事制限をするというイメージがありますが、オーリスタット配合薬を活用すればストレスをかなり減らしてダイエット出来るのです。
脂肪分が吸収されないという事もあり、いつも以上に脂肪分の多い高カロリーな食事をしてしまう方もいるようです。

ただ、このような食事だと、いくらオーリスタット配合薬を服用していても太ってしまうので注意しましょう。
オーリスタット配合薬は脂肪分の30%をカットします。
残りの70%は体内に吸収されてしまうのです。
高カロリーな食事ばかりをしていると当然、カロリーオーバーとなってしまいます。
オーリスタット配合薬を飲んでいるからといって、暴飲暴食してしまうと元も子もありません。

ゼニカルが代表的なオーリスタット配合薬でおすすめですが、価格が安いジェネリックのビーファットを使うのも良いでしょう。
旅行やパーティーで太り過ぎたと思ったらビーファットでダイエットするのが度々行なうであろうダイエットでもゼニカルに比べてコストがかからず済むのでおすすめです。
また、糖質の吸収を抑えるグルコバイというものもあります。
グルコバイはグルコアミラーゼの働きを抑制し、αアミラーゼを阻害します。
それにより血糖値の急な上昇なども抑えられます。

記事一覧
多様な薬

急激に体重を減らそうとして断食をしたり、普段やっていないような慣れない運動を自己判断で始めると体調を...

多色な薬

ダイエットをしたいけれど食事の量を減らしたくなかったり、おやつを抜くことをしないで簡単に痩せたいなら...

色々なカプセル

オーリスタットは薬名をゼニカルといって、その有効成分です。 肥満治療薬は吸収阻害、食欲阻害,燃焼アッ...

ラーメンを食べる女性

オーリスタットは、大人向けの肥満治療薬で、脂肪の吸収を妨げる働きが主な機能になります。 製品は、大人...